2011年11月11日

セカンドライフゲームとは

セカンドライフゲームの
公式な説明は
「セカンドライフは、ネット上に存在する、仮想空間です。
数百万人の人々が、その世界で生活をし、様々なコミュニケーションを作っています。
ブログやSNSになかった、人の手触り。そんなリアルなコミュニケーションを営める世界です。」


となっています。
「セカンドライフゲーム」は文字とおり、バーチャルの世界で、アバダーを操り、
人の手触りを感じながら第二の人生を送ることを目指しています。


セカンドライフゲームの
有料会員となった利用者には(無料から始められます)、様々な物体を生み出せる開発ツールと土地が与えられ、
開発ツールを使って作られたものは自由に売買することができます。そして、バーチャルの世界の通貨、リンデンドルは実際のアメリカドルに交換できるのでアイディア次第では大きなビジネスチャンスにもなります。


聞くところによると
セカンドライフのユーザー数はすでに200万人に達していて、
不動産売買の仲介やデザイナーなどの事業で年間10万〜20万ドルも稼ぐ人がいるそうです。

そしてセカンドライフゲームに参加したがっている企業もたくさん出てきていて、
キャンペーンで車の販売機を設置する自動車メーカーもあったそうです。


ロイター通信はワールド内の出来事を伝えるため、セカンドライフ支局を開設し特派員を常駐させました。


いまやセカンドライフゲームのビジネスチャンスにたくさんんの企業がぞくぞくと参入しています。


受験合格 夜食の最新売れ筋情報 レディースファッションウィッグを通販で調べました 美髪になるヘアケア・ヘアエステ商品口コミ人気お買い得情報
posted by second-life at 11:53 | TrackBack(0) | セカンドライフゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

セカンドライフ

Second Life(セカンドライフ)
は、アメリカのサンフランシスコに本社を置く、リンデンラボ(Linden Lab) 社が運営する、各国のプレイヤーがひとつの世界に集まって生活するバーチャルな世界およびメタバースのことです。


Second Life(セカンドライフ)
では、インターネット上の世界のなか、ゲーム感覚で自分の分身であるアバターが他のアバターと会話ををしたり遊んだりできます。また、すべての物体がプレイヤーによって作られているので、家や乗り物、服や動物など、あらゆる物を思いどおりに作りだすことができます。


Second Life(セカンドライフ)
では「リンデン・ドル」と呼ばれるゲーム通貨が流通していて、この通貨でバーチャル内での商品を購入したり、労働やカジノなどで通貨を増やすこともできます。
2006年12月26日付け日経新聞では、低価格で購入した土地を魅力的な街にして貸し出し、セカンドライフ内で億万長者になったという方がいると報道されました。さらに、登録者の増加とともに土地の値上がりが続き、いまでは現実世界の通貨で数十万円相当の値打ちになってきているそうです。


現在では
Second Life(セカンドライフ)の登録者数が200万人を超えて、巨大な企業戦略の場に成長しつつあるそうです。
興味を持ちましたら、無料でできるゲームですので是非試しにやってみてください。
posted by second-life at 16:31 | TrackBack(0) | セカンドライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。