2010年10月10日

セカンドライフ

Second Life(セカンドライフ)
は、アメリカのサンフランシスコに本社を置く、リンデンラボ(Linden Lab) 社が運営する、各国のプレイヤーがひとつの世界に集まって生活するバーチャルな世界およびメタバースのことです。


Second Life(セカンドライフ)
では、インターネット上の世界のなか、ゲーム感覚で自分の分身であるアバターが他のアバターと会話ををしたり遊んだりできます。また、すべての物体がプレイヤーによって作られているので、家や乗り物、服や動物など、あらゆる物を思いどおりに作りだすことができます。


Second Life(セカンドライフ)
では「リンデン・ドル」と呼ばれるゲーム通貨が流通していて、この通貨でバーチャル内での商品を購入したり、労働やカジノなどで通貨を増やすこともできます。
2006年12月26日付け日経新聞では、低価格で購入した土地を魅力的な街にして貸し出し、セカンドライフ内で億万長者になったという方がいると報道されました。さらに、登録者の増加とともに土地の値上がりが続き、いまでは現実世界の通貨で数十万円相当の値打ちになってきているそうです。


現在では
Second Life(セカンドライフ)の登録者数が200万人を超えて、巨大な企業戦略の場に成長しつつあるそうです。
興味を持ちましたら、無料でできるゲームですので是非試しにやってみてください。
posted by second-life at 16:31 | TrackBack(0) | セカンドライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60004562

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。