2007年10月10日

セカンドライフバーチャル


セカンドライフの
公式な説明としては、
「セカンドライフは、ネット上に存在する、仮想空間です。数百万人の人々が、その世界で生活をし、様々なコミュニケーションを作っています。ブログやSNSになかった、人の手触り。そんなリアルなコミュニケーションを営める世界です。」
とあります。


セカンドライフは
文字とおり、バーチャルの世界で、アバダーを操り、人の手触りを感じながら第二の人生を送ることを目指しています
セカンドライフバーチャルは、今までのオンラインゲームやバーチャル世界を遥かに越えたゲームです。


セカンドライフは
ユーザーが増えるごとにネットワークも拡大されており、バーチャルの世界を楽しむことが出来ます。
現在、ナイキやソニー、などのナショナルカンパニーの初め、日本の多くの企業もこのセカンドライフに目を付け始め、セカンドライフに土地を購入し、営業活動を始めています。
町には、酒場やショッピングセンター、カジノやクラブなどのスポットも存在し、世界中から人々が集まってきます。
それはまるで実世界にいるかのようです。
といってもパソコンへのインストールはすごく簡単なものです。だれでも簡単に楽しむことができます。


無料で使える
アイテムもたくさんあり、セカンドライフバーチャルの世界に住み始めた後は、たくさんの人たちが手助けしてくれて快適な生活ができます。
セカンドライフの基本の体験だけでも簡単で楽しいものです。セカンドライフの世界を是非あなた自身で体験してみてください。
posted by second-life at 20:01 | TrackBack(0) | セカンドライフバーチャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セカンドライフ日本語版


ついに
セカンドライフ(Second Life)日本語版のベータ版が公開されました!
セカンドライフ日本語版はチャットを日本語で楽しめます。翻訳機で同時翻訳してもらえるので外人さんとも気楽に会話ができます。


セカンドライフ日本語版
の可能性にいち早く目をつけたのは日産自動車でした。
日産自動車はセカンドライフ ゲームの中で試乗車に乗るサービスを取り入れています。
ブックオフ(古本)もすでにお店を出しています。
先日は、民主党の鈴木寛参議院議員の事務所が立ちあがったことがニュースで流れていました。


Second Life(セカンドライフ)は
アメリカのサンフランシスコに本社を置く、リンデンラボ(Linden Lab) 社が運営する、各国のプレイヤーがひとつの世界に集まって生活するバーチャルな世界およびメタバースのことです。


Second Life(セカンドライフ)では
インターネット上の世界のなか、ゲーム感覚で自分の分身であるアバターが他のアバターと会話ををしたり遊んだりできます。また、すべての物体がプレイヤーによって作られているので、家や乗り物、服や動物など、あらゆる物を思いどおりに作りだすことができます。

現在ではSecond Life(セカンドライフ)の登録者数が200万人を超えて、巨大な企業戦略の場に成長しつつあるそうです。
posted by second-life at 19:34 | TrackBack(0) | セカンドライフ日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。